白髪を活かして脱白髪染め

最終更新: 2020年10月28日


自分のお客様は白髪染めをされる年代が多いのですが、

ほぼ100%の方が、少しでも伸びてくると気になる白髪と闘われてます。

みなさん1ヶ月くらいが限界ラインです。

そして、もっと色味を楽しみたい、といったお悩み。


今までは気になる根本部分はグレイカラーで白髪をしっかりカバー、

中間から毛先はファッションカラーで色味や明るさを。

という方法をとってたのですが、これでは根本を暗めに染めるため、

白いのが伸びてくるとどうしても目立ってしまいます。

(明るい茶色の中に白より、黒い中に白いが混じってる方かコントラストが強くなるので)


そこで最近は、白髪を活かすという方法をご提案させていただいてます。


具体的にはハイライトです。


ハイライトを白髪に馴染むように入れれば、

伸びてきても目立ちにくく、色味や明るさも楽しめるようになります。


白髪もハイライトという考え方です。


実例↓




白髪量30%くらい。

約3週間前に染めたので1cm弱目立ってきてます。

まずはここにハイライトを入れていきます。













ハイライト後。

白髪に馴染むよう細かめに入れました。

ここから色味を足して素敵にしていきます。











綺麗に馴染みました

今回は赤みが残っていたので、グレー系の色味で涼し気にしました。

赤みを削りすぎるとギラギラするので、個人的に最近はあまり使いません。

そして、白髪染めも使っておりません。








ハイライトを細かめにしてるので、入れてる感は薄れますが、

この方が上品さは出るかと思います。


とはいえ、ベースの髪型との組み合わせもあるので、

もっとやった感がある方がお好みでしたら、

大き目に入れるか、他の方法にするか、

へスタイルに合わせて考えます。


白髪染めを脱したい方、染めるサイクルを延ばしたい方、

ご相談させていただきますので、よろしければお願いします

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示